30代の初めに糖尿病気って医療を受けました。自

30代の初めに糖尿病気って医療を受けました。
自覚症状は無かったわけではなく20代のセンターところから疲れやすくなりあるくのが、ちょい歩いただけでヘトヘトになっていました。
依然として若いのになぜ?と思っていましたが彼も胡散臭い?と言っていました。
こちらはちっちゃなところ昔に夫に育てられたので食べ物の栄養トレードが夫でしたから出来てなかったのが元凶かと思っていましたが遺伝もあるのかな?とか色々考えましたが、なってしまったものは仕方ないのですが今はクリニックでの医療や指摘にあたって落ち着いています。
も治ったわけではなくて、思う存分自分に病魔がついて回っているのは確かなのですが何となく普通だと思いがちですが、これからは引き続き年を取るので長生きするには自分自身で気をつけて賢く病魔と向き合う事が大切だと思いました。
生活していくうえで壮健という事は大切な事なので1つでもこれは気をつけていくというように自分に促して赴き長く就業が出来て人の戦法を借りない介護をしてもらう身分にならないようにしていきたいと思います。効果的な水素水