こちらがピアノを始めたのは小4の時だ。研修の女の

こちらがピアノを始めたのは小4の時だ。
研修の女の子で上手なお子さんがいて、そのお子さんに注目してほしくて始めました。
夫でピアノをしているお子さんばっかりいなくて、人目が女の子ばっかりなのでほんのり恥ずかしかったのですが、段々と上手になっていくによってそういう後ろめたいモチベーションなどどっかへ行きました。
6階級になって、その上手な女の子が私学に通うという話を聞いて、衝撃をうけました。
以前、そのお子さんにプレーを聴いてもらいたくて始めたのに、チャンスが遠のいてしまいました。
今のテクではまだまだ恥ずかしくて聴いてほしいとは言えませんでした。
卒業して中学校になり、でもまったく講義はやめませんでした。
以前また運があれば、というという頑張れました。
好きで始めたこともありますし、ザクザク上達していきました。
戦法がでかいので才能あるよ、という教員に褒められるというますます練習に能力が入りました。
中学生では吹奏楽部に入り、音響に意欲を入れました。
中二の時の公表会で教員が「今年は合同公表会にしたいと思います。
」と言われました。
他の講義の教え子さんといった合わさってやることになったのです。
こちらは些か背伸びして、「子犬のワルツ」を弾くことになりました。
今日、感動のが、あの上手な女の子がいるのです。
課程を見ると氏名が載っています!きちんと見てなかったのす。
やった!と思いました。
反面どうしてもドキドキしました。
そのお子さんはショパンの「ゴージャスなる大円舞曲」を聴かせてくれました。
快くて涙が出みたいになるのをこらえ声をかけました。家庭用の水素水生成器!