浄水容器のアピールを見るたびに、思いだすことがあ

浄水容器のアピールを見るたびに、思いだすことがあります。それは中学生の同級生にいた、水道屋の三男君のことです。
ある日の国語のメニューで、自分のダディーの取引を紹介する少ない演説を考え、みんなの正面で発表することになりました。みんな思い思いに発表していきました。
たとえば、「ぼくの親父は人の大切を続ける仕事をしています。親父は医者にも気体を配達するからです」
という、気体の配達生業を営んでいる親父の認知をしたキッズには、(ああそのインスピレーションがあったか)と思いました。
そんな中でトップニュアンスに残るのが、水道屋の三男君の販売だ。
「ぼくのうちは水道屋だ。水道のし都度をなんだかんだしています。親父はちょこちょこ、高い浄水容器を売りに行きます。
たぶんインチキなので駄目だと思います」
大変親父に手厳しい目を持っている三男君ですな、と思いました。そしたら、お前の学資は、そのインチキ浄水容器を売った財ですぞ、とも。
VIOが黒い私

インチキじゃない浄水容器を売っていたんだって信じたいですね。