うどんをもらいました。「誠に美味いうどんだから食

うどんをもらいました。「誠に美味いうどんだから食べてみて!」といった乾麺をもらったのですが、ゆで時間は20分け前!吹きこぼれるのもきになるし、特に20分け前もコンロに火をつけているのが惜しいとしてしまった、少々ケチなぼくだ。それでも、ふっと思い起こしたのです、中学生の理科の医師の水は身近にある物だから、みんなは気づいていないかもしれないけど、天然としてみたら特殊な物ですぞ。温め難く冷めがたいんだ」というワンポイントを。ヤカンでとにかく沸かしたお湯も、冷え下回るまで長時間がかかります。「これはひょっとしたら、うどんを入れてから10分け前ぐらい沸騰させておけば、直後火を止めてもゆで昇るのでは?」って、良からぬことを思ったぼくは、直ちに心がけることにしました。では、お湯を沸かして、うどん仲間がくっつかないようにごま油をお湯に垂らして、その中にうどんを入れて、更に沸騰させる素行10分け前待ちます。10分け前経過したところで、お鍋にふたを通じて丸々鍋別見逃しました。すると、うどんのゆでのぼりひとときです10分け前下部、見事にうどんがゆで上がっていました。しかも、お湯も熱かったのです。「ほどほどにぬるいかな?」として、うかつに指を入れて火傷しました。
デリケートゾーンくさい臭いの対策

理科の分野の医師のワンポイントを身をもって体感した時でした。