ピアノは昔に習い事としてはじめてしました。鍵盤

ピアノは昔に習い事としてはじめてしました。
鍵盤を弾いたときの雑音にビックリのを今でも覚えています。
小学校から中学校のうちまで思う存分習っていましたが、ハイスクールの時には部活に入った結果、ピアノはやめてしまいました。
やめてしまったら、なんだか必ずピアノを弾きたくなってきたり行なう。
マンションにおける電子ピアノで弾きたくなったら弾くといった事を今でもしています。
それに、私もピアノを習い事としてしていたので私のお子さんにもピアノを習わしていらっしゃる。
わたしが何とか弾いて雑音にビックリように、私のお子さんも弾いた雑音にびっくりしていました。
てんで昔のわたしを見ているようで、心地よくもあり懐かしくもありました。
わたしと同じメニューを歩いてくれているといった思惑をピアノの前に座り、一生懸命に鍵盤を弾いているお子さんの背中に感じました。
ちょっと上手に弾けませんが、少しずつピアノを好きになって望むなという思惑でいっぱいだ。
ピアノを弾く楽しさは私もわかっている結果、頑張ってほしいだ。水素風呂