“さようならドビュッシー”という写真を観ました

“さようならドビュッシー”という写真を観ました。
お話的には、突っ込みどころ満載で、ありえない相談ではあるのですが、そこはさらっと流していただけると、なかなか、勉強になる写真でした。

ドビュッシーは、私の大好きな作曲住宅なのですが、一際、どうしても、その曲は他の作曲住宅は、べつの品という感じがするのです。
なにものにもとらわれない、他の作曲住宅の曲は別世界のミュージックだ。曲そのものが独立したミュージックの型式を持つような、一つのイラストのようになっていらっしゃる。
写真にもありましたが、ドビュッシーはイラストをかわいがりていたそうです。・・・把握々々。
因みに、私の大好きなスコット・ジョブリンはドビュッシーから信望の便りを貰ったそうです。つまり、同時代の自身について。

閑話休題。
本当は、私もピアノを弾くのですが、独学で始めた故、我流でしかないのです。
その為、双方シャープの記号の旨を解るのも2年ほどかかったほどで(それまでは“なんだ、こういうX(バッテン)マークは?”って感じで)・・・。
そんなわけで、ピアノの教員に付いて教えてもらうということが、“おや・・・こういうことなのか!”という、やっぱり、滅法勉強になったわけです。
たとえば、“手首”・・・そう、ピアノは手首だそうなのです。
いわく、「声楽住宅は腹部で呼吸講じるが、ピアニストは手首で呼吸をする」
あら・・・把握々々。
魂論的一品もいろいろあって、ボクも、あがり症なのか、緊張して覚えていたものが白紙になってしまった過去もありますので、こうした最高の教員の指図を、写真から頂けるとは・・・歓喜々々でした。女性の抜け毛の原因と対策