小さい頃10年齢ほど習っていて、ピアニストを目指

小さい頃10年齢ほど習っていて、ピアニストを目指しました。それでも、家庭の事情で音楽の学業には行けませんでした。いまだにあの時の想いは冷めやらなくて、今でもピアノには触っていました。坊やが5年になり、ピアノを習いたいと言い出したのがきっかけで、私も一緒に習いに行くことにしました。ピアニストにはなれませんが、今からでも、弾きたい曲がひけるようになればかりに素敵なことかと思いました。坊やだけがだんだんと上手になって出向くのに嫉妬しそうで、自分が怖かったことも主人にコンサルテーションしました。主人は喜ばしくいいよ、と言ってくれました。一所懸命ファミリーやってくれてるからやってみれば、と言ってくれました。今は楽しくて楽しくて、小さい時にはすぐには弾けなかった苦手な点も大人になり、指だけでなく脳裏で理解できるようになり、早くに進歩できていってるような気がします。この前の発刊会では子どもと共に連弾で「あわてんぼうのうた」を弾き、ソロで平井康三郎の「さくらさくら幻想曲」を弾きました。現場に挙がるって、ピアニストになった気持ちが味わえて感慨無量だ。女性用育毛剤ランキング