こちらが4年のところ、家屋にピアノが届きました。

こちらが4年のところ、家屋にピアノが届きました。その頃田舎の街路でピアノを習うのはお金持ちの家の子だけ。それでも家屋は父親がちっちゃな作業場を経営している中流住まいだ。どうも、待望の女児であったこちらに、奥さんがどうしてもピアノをやらせたかったようなのです。僅か経済的に無理をしても憧れのピアノを買ったのでした。
さて、小さかったこちらは自分の意志に一向に関係なくピアノスクールに行かされることになりました。最初の備忘録は、初めての刊行会で弾いていたのに何故か途中で弾くのを止めてしまったことです。慌てて教員が部門袖からやってきたのを思い起こします。
こちらは一気にスクールに行くのをぐずり始め、通常辞めてしまいました。極めて奥さんはがっかりしたのでしょう。今は辞めても良いけど、小学生にまたスクールに通うようにって約束させられました。
小4の頃になると、奥さんがやいのやいの「少なくピアノを習いに行きなさい」って責め立てます。仕方なくまたピアノスクールに通い始めました。
但し、目新しいスクールの教員はとてもつらい自身でした。礼儀作法も実践も。ひとまず練習時間は決まっているのですが、教員の気勢指図ってお叱りが長く、どの学徒の設定時間も大幅に越えるので、自分の練習時がくるまで迎えるのも苦痛でした。迎える時間はミュージックの演習(ミュージック記号の記帳や楽譜の見方など)をできるのでたまったものではありません。本日思えば、非常に熱心で良い方だったのですが、当時のこちらにとっては怖くて嫌いな大人花形でした。
やっぱり不愉快で仕方がないので家で実践もしません。練習しないので賢く至る状況は無く、練習に行けば叱られるし、家でも奥さんから「練習しなさい」呼出。
学業では一部の女から「ピアノを習っているからって気取っている」などと陰口をたたかれる処置だ。
実際不愉快で、練習の日にプチ家出をしたりしていました。さすがにそれが貫くと奥さんも諦めたようでようやく新しいスクールも通常辞めさせてくれました。
こちらにとっては不愉快ガッツって奥さんをガックリさせた備忘録しかないピアノですが、それから20年限りたってみると、誠に甥(兄の乳児)がピアノに興味を持ち始めていました。甥は安穏のない乳幼児ですが、ピアノスクールではおとなしく練習しているとのことです。家で実践もきちんと決める。
奥さんの憧れを子供は体現できませんでしたが、奥さんの孫が引き継いでくれそうです。奥さんは甥の実践情景を嬉しそうに見てある。シミを消す