自慢するため女性に特長出来ると思っている一瞬があ

自慢するため女性に特長出来ると思っている一瞬がありました。

件は問いません。
次から次へと出るわ出るわ。
ダミー、素性、思惑(どれも対した所作ないのに)など。
どうだ!私はカワイイキャラクターだろうと言わんばっかり。

運命初デートのラストに何を言ったのかは覚えていませんが、強み?って硬いトーンで言われた記憶があります。
そんな中、発表もしてしまいましたが、やはり結果はダメでした。

強み話をしている一目は快適かもしれません。
完全に幻想だ。

独自は、女性に限らず、素晴らしいという思われたい、カッコよく見せたいという、見栄っ張りなところがあります。

も、ただ強みメッセージをしたところで人気が上がるようなことはわずかと思います。

祖母も強みメッセージ大好きです。
彼女と仲良くなりたいのか、それとも強みメッセージをしたいのか、言わなくてもわかると思います。

なかなか強みメッセージをしたいのなら、周りのキャラクターに褒めてもらうについてしかないと思います。

強みマン卒業できたかな?
自然体でいたいですね。リデンシルの効果